白い歯

控除と治療費

医療費控除の対象になる治療について

1年間に支払った医療費が100000円或いは年間所得金額の5%のいずれかを少ない方を超える場合医療費控除の対象となります。医療費控除を申告することによって一定の金額の所得控除を受けることが出来ます。 歯科治療における医療費控除対象となるものにはどのようなものがあるでしょうか。 人工歯や入れ歯の治療やインプラント治療や矯正歯科治療や歯科に通院するための交通費などはその対象になります。また成人矯正でも咀嚼障害の改善が目的の治療であれば医療費控除が認められるようです。 しかしながら、審美矯正やホワイトニングといった美容や審美を目的とした歯科治療では医療費控除の対象にならないので注意が必要です。 歯科の治療はその内容によっては高額になるため医療費控除については知っておくと良いでしょう。

生計を同一にしていれば自分以外の分も医療費控除を受けられます

歯科においてもその治療内容と支払った金額の条件が満たされれば、医療費控除の対象となります。 医療費控除は確定申告の時期にその手続きを行います。手続きには支払いの際にもらった領収書が必要になるのでなくさずに保管しておきましょう。また治療に通うための交通費も医療費控除の対象となるので、電車の切符の領収書やタクシーの領収書などもなくさずに保管しておきましょう。 また、医療費控除は自分の分だけでなく生計を同一にした配偶者や親族の分も合わせて自分が医療費を負担するようにすれば、まとめて医療費控除を受けることが出来ます。これは必ずしも同居が必要というわけではありません。このとき所得が多い人が医療費控除を行うと有利となります。

Copyright ©2015 矯正歯科につてのあれこれを知って治療へ挑む【医療費控除の存在】 All Rights Reserved.